メインコンテンツへ飛ぶ

インタウンチェックイン 

インタウンチェックイン(In-Town Check-In, ITCI)は、旅行客にとって便利なバリューサービスです。そのコンセプトは、空港内にある航空会社のチェックインカウンターを市内にまで延伸し、旅行客は早めにA1台北駅にて荷物を預け、座席指定すると同時に、搭乗券を貰うことができます。世界的にもインタウンチェックインのシステムがあるのは韓国の仁川空港エクスプレス、香港空港エクスプレス及びクアラルンプール空港エクスプレスなどであり、この空港線MRTにインタウンチェックインサービスのシステムを導入するのは、国家が進歩している象徴とも言えます。

インタウンチェックインサービスにより、出国する旅行客は早めに搭乗手続きを済ませることができ、便利で快適な旅が楽しめます。このサービスは空港に向かう前に、まず大型荷物を預けて、必要な手荷物のみを持って市内で仕事或いはショッピングすることができるので、特に海外のお客様には嬉しいサービスであり、台湾へ観光する意欲を高めるのに一役を買っています。台湾の国民が観光或いは商談のために出国する人にとっても、予め搭乗手続きをすることができるため、スケジュールを立てやすくなります。インタウンチェックインサービスには多くのメリットがあります。下記に旅行客、空港MRTの運営者、航空会社の経営者及び政府公部門の立場から説明します:

  • 旅行客

    インタウンチェックインサービスにより、旅行客は早めに市内の駅で搭乗手続き、座席確認及び荷物を預けることができます。個人のニーズに合わせてスケジュールを手配し、多くの荷物を持って市内観光、ショッピング、商談或いは旅行をしなくても済みます。

  • 空港MRT運営者

    空港MRTの運営者にとって、インタウンチェックインサービスは、有効的にシステムのサービスレベルを上げることができ、他の道路運輸ツールと競いやすく、多くの旅行客を惹き付けて空港MRTシステムを利用し、運営の収益を作り出します。

  • 航空会社経営者

    航空会社にとって、市内の駅でインタウンチェックインサービスを行えると、より多くの旅行客を惹き付けて、そのフライトを選ぶことになります。

  • 空港経営者或いは管理者

    インタウンチェックインサービスは、空港のチェックインカウンターの混雑を和らげるため、空港ターミナルの拡張或いは新規建設のスケジュールがゆとりを持てます。また、ターミナルの触角を市内にまで伸ばせます。

  • 政府公部門

    政府公部門にとって、インタウンチェックインサービスは、都会のイメージをアップし、公共運輸のサービスクォリティを上げることになります。また、空港MRTが充分な旅行客に利用してもらえれば、有効的に高速道路の渋滞による時間のロス、燃費が悪い、空気汚染などの社会コストを下げることに繋がります。

インタウンチェックイン及び荷物託送サービス

インタウンチェックイン及び荷物託送サービス
1.インタウンチェックイン後方にある荷物コンベア及びX線装置
インタウンチェックイン及び荷物託送サービス 1.インタウンチェックイン後方にある荷物コンベア及びX線装置
A1駅B2階にあるコンベア及びスパイラルシュート
A1駅B2階にあるコンベア及びスパイラルシュート
A1駅B3階にある荷物処理エリア荷物ターンテーブル、ローラーコンベア及び荷物キャビネット
A1駅B3階にある荷物処理エリア荷物ターンテーブル、ローラーコンベア及び荷物キャビネット
A1駅B3階にある荷物プラットホームローラーコンベア及び荷物プラットホームドア
A1駅B3階にある荷物プラットホームローラーコンベア及び荷物プラットホームドア

直通車両

各直通車両に3つの荷物置き場を設置し、ご利用ができます
各直通車両に3つの荷物置き場を設置し、ご利用ができます
各直通車両の座席下方に、荷物を置くことができます
各直通車両の座席下方に、荷物を置くことができます。

普通車両

行李架
各普通車両に新しく2つの荷物置き場を設置し、ご利用できます。

旅行客に空港出発フライト予定及び台湾新幹線、台湾鉄路の乗換情報を掲載しています。フライト情報は随時異動更新し、旅行客に最も正確な情報を提供します。 「直通駅 」A1、A3、A8、A12、A13及びA18の計6つの駅に設置しています。

航班資訊顯示系統